稲葉新監督の初陣となる『ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017』が11月開催!コーチ人事も発表!

2017年より新たに開催されることが発表された『 ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017』。
名前の通り、アジアのプロ野球団体がある韓国、台湾、日本の3か国が参加しアジアの頂点を決める大会。
侍ジャパン稲葉新監督の新体制のもと挑むとあってその采配にも注目が集まっています。

 

ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017とは?

アジア野球界の発展ために、新たに設けられた大会で2017年以降は、4年周期の開催予定となっています。
今大会は、日本(東京ドーム)で開催し韓国、台湾、日本の3チームのみの参加で物足りなさはありますがこれからもっと参加国が増えていって盛り上がって欲しいところ。
試合は、予選として総当たり戦で試合を行いその中の上位2チームがファイナルゲームを戦います。
優勝賞金は、2000万で準優勝には500万となっています。
そして、注目すべき点は参加資格がU-24以下または、入団3年目以内であること。
いずれは、プロ野球の中心選手を担う若手が国際試合で戦える貴重な機会になっています。

[大会期間]

2017年11月16日~11月19日

[予選]

11月16日(木)19:00 日本 - 韓国
11月17日(金)19:00 韓国 - チャイニーズ・タイペイ
11月18日(土)18:30 チャイニーズ・タイペイ - 日本

[決勝]
11月19日(日)18:00 予選1位 - 予選2位

稲葉侍ジャパンのコーチ陣も発表!

各コーチ陣は、下記のように決定。

ヘッドコーチ: 金子誠

投手コーチ: 建山義紀

外野守備・走塁コーチ: 清水雅治

内野守備・走塁コーチ: 井端弘和

バッテリーコーチ: 村田善則

打撃コーチ:後日発表

今年に開催された World Baseball Classicでは、準決勝でアメリカに敗れ敗退。
小久保前監督ともに世界一を目指し共に戦ってきた稲葉監督だからこそそこで感じ取ったこと反映した人選に思える。
稲葉監督も 「みんなで意見を出し合って強いチームにしていきたいと話させてもらっています。ちゃんと言いたいことを言いあえる関係ですし、しっかりコミュニケーションをとって、最終的な目標として金メダルを取れるようにやっていきたい」とコメントしたようにあえて自身にとって身近な人を選び風通しをよくしているのがよく分かる。
日本ハムでのチームメイトだった 金子誠氏や 建山義紀氏を選んだのもそんな思惑があったからか。
もちろん、コーチ未経験の建山義紀氏やコーチ経験が豊富ではない 金子誠氏を人選したことにこんなんで世界一を奪還出来るの?と厳しい意見も出てくると思うがそもそも侍ジャパンに連なる選手は、一流選手で長年の自身の考えの中で貫いてやってきておりコーチによる影響はそれほど与えないように思える。
試合での全ての判断は様々な情報を元に決断するがその情報が不足していれば適切な采配も不可能となります。
一発勝負の中では、監督の采配は流れも変える大きな物でその判断が確かな物にするために選手の状態や状況をしっかりとコーチと監督が連帯して見極めたいそんな事を重視していると感じます。

まとめ

これが稲葉新監督の初陣でどんな指揮を取るのか楽しみですね。
国際大会に選手としてもコーチとしても参加した稲葉新監督だからこそ感じたことを存分に発揮してもらいたいですね。
あと、日ハムファンとして 金子誠氏と 建山義紀氏には、いい意味で期待を裏切ってもらいたい!

 

U-18侍ジャパン決勝進出ならず!韓国戦の戦評は?

U-18侍ジャパンは、決勝に向けて絶対に勝たなくていけない大一番で韓国と対戦。
日本は、序盤から失点を重ね5回を終えて6-3と韓国にリードを許し6回に1点を返すもののその後は、打線も沈黙し一歩及ばず。
結局、6-4で韓国に敗戦しスーパーラウンドの総合順位は、4位とし決勝進出とはなりませんでした。

U-18侍ジャパンの韓国戦の戦評は?

これまでに、リリーフとして防御率0と絶好調の 田浦 文丸を思いきって先発で起用したのは、どうだったのか?
田浦 は、 秀岳館高でも今夏は継投での登板で急な配置転換によって先発として試合に挑み気持ちの持って行き方がやはり難しかったのではないか?
それに加えて連投も多く時には、4回も投げる場面もあり疲労も蓄積していた可能性があった。
かといって、これまでに強豪相手に先発した投手陣は、試合は作れるが中盤までに2、3点は取られるケースが多く何としても序盤は無失点で展開したいという思惑の中で考えた結果が 田浦の先発だったのか。
いずれにしても、急な配置転換は混乱を招き1回に田浦自身も悪送球で先制点を与える大きなチャンスを与える結果となってしまった。

打線の方もスモールベースボールとうたっていたものの頭の片隅には、本塁打を量産した安田、清宮、中村の一発に期待してしまい中途半端な攻め方となってしまっていた。
ランナーが出ればツーアウト以外は、打順に関係なくバントで進塁させてチャンスを作るべきだった。
6回で1点を返したがノーアウトの一塁の場面で4番清宮に打たせた結果レフトフライに倒れている。ここで、しっかりと送っていればさらに追加点が奪えた可能性があった。
そう出来なかったのは、やはり本塁打を打つかもという期待があったからか。
スモールベースボールで挑むなら4番の清宮を思いきって打順を変更したり、不振の中村をスタメンから外したりなど何か思いきった起用の変更も必要だったのかも知れない。

まとめ

決勝進出は、叶いませんでしたが3位決定戦が残っているので選手には頑張ってもらいたいですね。
相手は、敗戦したカナダですのでぜひリベンジをお願いします!

 

U-18ベースボールワールドカップ は、スーパーラウンドに突入!初戦を勝利したオーストラリア戦の戦評は?、

U-18ベースボールワールドカップは、昨日より第2ステージとなる『スーパーラウンド』がスタートしU-18侍ジャパンも初戦を向かえました。
対戦相手は、『オープニングラウンド』をA組3位で通過したオーストリア
『スーパーラウンド』では、『オープニングラウンド』で対戦したチーム以外との総当たり戦となります。
日本で例えると同組(B組)だったアメリカ、キューバとは対戦せず、A組から勝ち進んできた韓国(A組1位)、カナダ(
A組2位)、オーストラリア(A組3位)と総当たりで対戦することに。
ここで、重要なのがオープニングラウンド同組で対戦した成績がスーパーラウンドでも引き継いでいること。
日本は、キューバに勝ちアメリカに敗戦したために1勝1敗の状態からの厳しいスタートに。
最終的に上位2チームが決勝進出となり1戦、1戦が落とせない大事な試合となります。

オーストラリア戦の打撃/守備の戦評

侍ジャパンは、タイブレークまで持ち越す接戦で11回裏の1アウト満塁から安田がサヨナラタイムリーヒットを放ち『4対3』で初戦を勝利を飾りました。

1、2番コンビの 『藤原 恭大』と『 小園 海斗』は、相変わらず絶好調で共に3安打を放つ暴れぶり。
初回も先頭の 藤原 恭大が内野安打から好機を作り見事に先制のホームを踏むことに成功。
この初回の2点が侍ジャパンにとっては大きく精神的優位に試合を進められひとつの勝因に。

そして、サヨナラ安打を打った安田は、ここに来て3安打2打点と状態が上向き勝利を呼び込む打撃は、次の試合にも繋がり期待出来そうです。

先発した 磯村 峻平は、これまで継投での登板でしたがオーストリア戦では先発を担当し6回3失点と試合をまとめました。

そして、同点に追い付かれてからのリリーフ陣の投球が圧巻でした。
次のマウンド託された 清水 達也が4回1安打無失点で切り抜けると、続く 田浦 文丸も1回0安打無失点と完全にオーストリアの反撃を断ち切っていました。
両投手は、今大会いまだに防御率0と安定し頼れる存在です。
特に10回裏の侍ジャパンの攻撃には、大事な場面でのバント失敗があり、やな流れもありましたがそんな流れも消し去る見事な投球でした。

まとめ

接戦を見事に制したのは、チームに勢いを与える勝利でした。
クリンナップの3番を打つ安田もここで勝利に貢献できて自信になったことでしょう。
クリンナップから下位打線は、いまひとつ繋がりが欠けているのでテコ入れも必要か?
投球陣は、好調なだけに次の試合も守備からリズムを作り勝利を手にして欲しいですね!

 

U-18ベースボールワールドカップ オープニングラウンドの選手成績ピックアップ!


昨日U-18侍ジャパンは、南アフリカに12対0の7回コールドで勝ちオープニングラウンドの最終戦を終了。
日本は、B組で通算4勝1敗で全体の2位でスーパーラウンドに進出を決めた。
B組では、他にもアメリカ(1位)とキューバ(3位)が進出が決定しています。
オープニンググランドを終え今回は、選手の成績をピックアップし紹介します。
※昨日の南アフリカ戦は、実力差があるため今回のピックアップした選手の成績には反映していません。

 

打撃成績ピックアップ


藤原恭太( 大阪桐蔭)(右)


一番打者としてこれまでフル出場し、全ての試合で安打を放ち4試合の打率375と絶好調。
出塁率は、444にもおよび見事に1番打者としての役割は、存分に果たせています。
日本が唯一敗戦したアメリカ戦でもヒットがでており相手に関係なく安定した成績を残せている。

これまでの成績
打率375 打点5 得点2 盗塁0 三振6

小園 海斗( 報徳学園高校)(遊)


2年生ながら、U-18代表に選ばれただけあり高い技術的をみせており、打率は脅威の.438。
オランダ戦では、安打が途切れたもののメキシコ戦とキューバ戦で3安打を放ちチャンスメイクをしっかりしてます。
アメリカ戦は、9番でスタメン出場したもののそれ以外の試合では、2番を務めおり1番の藤原と共に調子は打撃は絶好調!
守備では、失策3といまひとつか。

これまでの成績
打率438 打点2 得点3 盗塁0 三振5

 

安田 尚憲( 履正社高校)三/一

 

こまでの打率は、231ともの足らない数字ながらも四死球は5で出塁率で見ると444とまずまず。
クリンナップの3番を任されているが、上げた打点がメキシコ戦の1点といまひとつか。

これまでの成績
打率231 打点1 得点1 盗塁0 三振5

 

清宮 幸太郎( 早稲田)(一)

 

キャプテンで四番の清宮は、これまでの成績を見ると重圧からか少し心配な感じ。
打率154と安打が打てていないことが気になりますが3戦目の強豪キューバとの試合では、2本の犠打を放ち確実にランナーを帰し4戦目のオランダ戦では、初の長打となる2塁打を放ち状態は徐々に上がり傾向か?

これまでの成績
打率154 打点3 得点0 盗塁0 三振0

 

中村 奨成( 広陵高校)(捕/一)

 

甲子園では、決勝まで進み準備期間がない中での参加と疲れも出ているのか調子は、いまひとつ。
出場試合数は、3試合で打率143でメキシコ戦で1本安打が出て以降快音がない状態。
オランダ戦では、指名打者で打者に専念して出場も2打数0安打と振るわず。

これまでの成績
打率143 打点0 得点0 盗塁0 三振1

 

丸山 和郁( 前橋育英高校)(中)

 

初戦のメキシコ戦こそ途中出場だったもののその後の試合では、スタメン出場を果たす。
打率333で出塁率400と下位打線を打つことが多い中で上位打線に繋げるいい役割を果たしている。
オランダ戦では、持ち前の走力で盗塁も決め相手側にとってはやな存在か。

これまでの成績
打率333 打点0 得点3 盗塁1 三振1

 

投手成績ピックアップ

山下 輝( 木更津総合高校)(投 先発)

 

キューバ戦に先発し、5回1/3を投げて失点2とある程度試合は、作れていたが被安打3に対して四球が6と制球が乱れていた点は、修正が必要か。
特に初回は、無失点に抑えたものの四球2と安打1が絡み不安定な立ち上がりだった。

これまでの成績

防御率3.38  投球回数5 1/3  被安打3 奪三振7 与四球6 失点2

 

川端 健斗( 秀岳館高校)(投 先発)

 

安定した投球で定評があっただけに、先発したアメリカ戦でも期待してましたが5回2/3を4失点といまひとつ。
自慢の制球も6四球と乱れていました。
その中でも、17個のアウトのうち奪った三振の数は15個と球自体は、十分に通用しているだけに制球さえ安定すれば相手にとっては脅威か。

これまでの成績

防御率4.76 投球回数5 2/3 被安打6 奪三振15 与四球6 失点4

 

田浦 文丸( 秀岳館高校)(投 リリーフ)

 

これまでにリリーフとして安定した成績を披露しており防御率は、いまだに0。
投手陣の中では、最も状態がいいのか
アメリカ(2回1/3)、キューバ(2回2/3)、オランダ(4回)と強豪相手にも抜群の投球をしており、奪三振率も高いです。
後半でこれだけ絶対的な投球が出来る投手がいると日本にとっては、大きい存在。

これまでの成績

防御率0 投球回数9 被安打2 奪三振19 与四球2 失点0

 

まとめ

 

打撃では、1、2番コンビの 藤原と 小園と下位打線の 丸山が好調で出塁率が高くクリンナップに繋げているが、肝心のクリンナップがいまひとつで振るわず。
これから勝ち進んで行くには、清宮、安田、中村の主軸が状態を上げていくことが必勝。
南アフリカ戦では、格下ながら清宮にU-18侍ジャパンの待望の本塁打を含む2安打を放つと、安田にも2長打が飛び出しこれを期に調子を上げてもらいたいところ。
投手陣は、リリーフの 田浦が好調をキープしておりスーパーラウンドを戦うのに好材料
あとは、先発投手がいまのところ試合を作れていますが制球が安定しないため無駄な四死球を減らし相手に付け込まれる隙を減らしていくこと大事かと。
オープニングラウンドを終えて、国際大会のふいんきも慣れたところでスーパーラウンドでは、本来の実力を存分に出して欲しいですね。

 

間も無く開催される『第28回WBSCU-18ベースボールワールドカップ』の注目選手は?


侍ジャパンU-18代表が開催地のカナダに到着して間も無く開催される第28回WBSCU-18ベースボールワールドカップ。
悲願の世界一を目指して、主将の 清宮 幸太郎を中心に一致団結して日本の高校野球のレベルの高さを示して欲しいところ。
甲子園を目指して、地方大会の張り詰めた緊張感の中の激闘を制した精神力は、侍ジャパンの強み。
今回は、侍ジャパンU-18代表に選抜されたメンバーの中でも注目選手をピックアップして紹介します。

目次

・清宮 幸太郎( 早稲田実業)

背番号3/ポジション内野手/
身長184cm/投打右投左打/体重101kg
地方大会決勝で敗戦

何といっても、球を遠くに飛ばす技術が素晴らしく代名詞でもある『本塁打』は、26日行われた日本代表の練習試合でも木製バッドでありながら高校通算109本目となる本塁打を放ち歴代最多とされる記録を更新。
その点守備は、いまひとつな面もありそこは打撃でカバーしたいところ。

・ 安田 尚憲( 履正社)

背番号5/ポジション内野手/
身長188cm/投打右投左打/体重95kg
地方大会準決勝で敗戦。

恵まれた体格で、東の大砲『清宮』、西の大砲『安田』と称されるくらい打撃がセンスがあり強打者。
今夏の地方大会の成績は、打率632(19打席12安打)、本塁打3、打点3と好成績を残し、高校通算本塁打PL学園清原和博を超える65本を放っています。

・ 増田珠(横浜)

背番号24/ポジション外野手/
身長185cm/投打右投右打/体重83kg
甲子園1回戦敗退

横浜高校では1年春から早くも主軸としてレギュラーで出場し、 侍ジャパン15U代表でも4番を担っていたほど。
強いパンチ力に加え、 高いミート力もあり、他にも強肩で俊足と全体的に能力が高い選手。
右の強打者として貴重な存在。

・ 中村 奨成( 広陵)

背番号10/ポジション捕手/
身長181cm/投打右投右打/体重78kg
甲子園準優勝

甲子園決勝で敗れたものの攻守共にチームを牽引。
PL学園清原和博がマークした1大会5本塁打を超える6本塁打を記録し今年の甲子園で最も注目を集め主役に。
すごいのは打撃だけでなく、遠投120メートル、50メートル6秒と三拍子揃った選手。

・ 山下 輝( 木更津総合)

背番号15/ポジション投手/
身長187cm/投打左投左打/体重87kg
甲子園1回戦敗退

甲子園では、ナンバーワンの左腕と評価され187cmの長身から繰り出すキレのいいストレートは、149キロまで及びます。
甲子園では、1回戦で9回に突如崩れて敗退したものの10奪三振を奪い完投しておりストレート、変化球共に1つランクが上。
完投出来るスタミナを持っている事と打撃に付いても評価されている点も、プラス材料。

・ 川端 健斗( 秀岳館)

背番号13/ポジション投手/
身長175cm/投打左投左打/体重70kg
甲子園2回戦敗退

安定感があり、試合を作れるピッチャーで先発でもリリーフでも実力を発揮出来るタイプ。
春のセンバツでは、自身の自己最速を5キロも更新する148キロをマークし本格派の左腕として急成長を遂げた。
この夏の甲子園でも1回戦(対横浜)で6回1失点、2回戦(広陵)でも6回2/3 3失点(自責点2)と先発として試合を作り、強豪相手に抜群の安定感を披露してます。

まとめ

これだけのメンバーがいれば世界一も目じゃないと思いますが、簡単に勝てないのが国際大会。
小枝監督が『 厳しい戦いが続くと予想されるが、投手を中心とした守りと機動力を絡めた攻撃で勝機をつかんでいきたい』と言うようにいいサウスポーが5人も選出されているので守りからリズムを作っていけばチャンスが生まれていい展開に進んでいくのかなと思います。
日本の目指すスモールベースボールの中にもこの頼もしいクリンナップの打力で勝利に導いてくれるはずです!

 

プロ注目の高校球児が出場する『WBSC U-18ベースボールワールドカップ』とは?

第99回全国高校野球選手権大会も15日間に及ぶ激闘も決勝で花咲徳栄光(埼玉)が広陵(広島)が12対4で下し初優勝!
そして、この興奮がさめやらない内に開催されるのが『第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ』。
惜しくも甲子園の出場を逃したプロ注目の『清宮幸太郎』や甲子園1大会で6本の本塁打清原和博を抜き記録を更新した『中村奨成』等がメンバーに選抜され一部の選手を除き9月1日から開催される国際大会に向けて国内合宿もスタートさせています。

目次

 

WBSC U-18ベースボールワールドカップとは?

16歳~18歳の各国代表選手が出場することが出来る野球の国際大会で現在では、 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催となり、1年おきに開催。
1981年にアメリカ合衆国で第1回大会が開催され、今年で第28回目を迎え前回大会同様に12か国が参加。

これまでの優勝回数を見るとキューバが最多の11回に続き、アメリカ合衆国8回、韓国5回、チャイニーズタイペイ2回、カナダ1回と意外にも日本は、優勝回数は、0で準優勝が最高。
今年は、是非とも優勝して歴史を塗り替えほしいところ。

第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ試合・大会詳細は?

期間2017年9月1日~9月11日
開催地カナダ(サンダー・ベイ)

出場する国と地域グループA
カナダ、韓国、チャイニーズ・タイペイ、オーストラリア、イタリア、ニカラグア

グループB
日本、アメリカ、キューバ、メキシコ、オランダ、南アフリカ

○大会の流れ
・ オープニングラウンド
  各グループの上位3チームがスー  パーラウンドに進出(総当たり戦)
 ⬇
・ スーパーラウンド 
  1位と2位が決勝戦に、3位と4位が  3位決定戦に進出
 ⬇
・ファイナルラウンド
  3位決定戦/決勝戦

まとめ

前回大会は、アメリカ合衆国に2ー1で惜しくも敗れ今回こそ悲願の優勝を手にしたいところ。
唯一前回大会に出場していた 『清宮幸太郎』が主将になることも決定しておりあの時の味わった悔しさを胸にチームを引っ張ってもらいたいですね。
この夏の甲子園では、本塁打が68本あり11年ぶりに大会通算本塁打を更新。
強打者が揃う中なんとか、日本の高校野球が世界一だというところを証明してほしいです。

 

デザイン性も高くアクティブに動けるおすすめの『スポーツサンダル10選』!

梅雨も明け、本格的に暑くなる今のシーズンに足元を涼しくお洒落に演出してくれて尚且つ機能性も抜群な『スポーツサンダル』がオススメ!
屋外レジャー用に作られているので普通のサンダルと比べてソールが厚くクッション性が高く また、足首付近までストラップで固定されるので脱げづらくアクティブに行動出来ます。
また、デザイン性もすぐれておりファッションのワンポイントとしてタウンでも活躍するアイテムです。

今回は、激選したオススメスポーツサンダルの10選を紹介します。

 

 

 

1.Teva(テバ) [HURRICANE XLT]

3ヶ所で調節できるストラップによりお好みのフィット感で履くことが可能なTEVAの人気モデルサンダル。 またEVAのインソールは足を包み快適さを提供してくれます。

 

by カエレバ

 

 2.Chaco(チャコ)[ Z1 CLASSIC]

 街履きからキャンプまで様々なシーンで活躍します。また、従来のVibram社製のアウトソールからトラクション性、グリップ性といった性能が向上したCHACO(チャコ)独自に開発したCHACOGRIPを採用したモデルです。

by カエレバ

 

 

3.SUICOKE(スイコック)[ DEPA-C]

一般的なサンダルに使用されるEVA(スポンジ素材)は経年による潰れが生じるのに対し、本製品は柔軟な踏み心地に加え、反発性を兼ね備えた仕上がりとなっています。これにより劣化を最小限に抑え、さらにその反発はスニーカーのような蹴り出しも感じることができます。

by カエレバ

 

4.new balance(ニューバランス)[SD212]

足裏にフィットする低反発のメモリーフォーム素材に、撥水性をプラスした「PLUS H2O」(プラスエイチツーオー)をフットベッドに採用。アウトドアからデイリーまでサマーシーズンに活躍するスポーツサンダル。

by カエレバ

 

5.KEEN(キーン)[ ニューポートH2]

ハイブリッドフットウェアの真髄。軽量で水陸両用のH²Oバージョン。Sandal With Socks:素足での着用から、薄手のソックス、フリースのソックスまで、組み合わせを変えることにより、4シーズン対応。

by カエレバ

 6. Reebok(リーボック)[ INSTAPUMP FURY ]

1990年代のハイテクスニーカーブームを席巻した名作「インスタポンプ フューリー」。ポンプシステムやクッショニングに優れたヘキサライトを搭載したソールなど「インスタポンプ フューリーのデザインを継承した「インスタポンプ フューリー サンダル」が新登場。 そんなフューリーサンダルからアッパーからアウトソールまで黒で統一されたワントーンタイプが登場。

by カエレバ

 7.Gramicci(グラミチ)[ GASTON]

足先部分は2本のベルトでしっかりとホールド。ベルクロ(マジックテープ)留めで容易にフィット感を調節することが可能です。足裏の形状に沿ったミッドソールは履き心地はもちろん、クッション性も十分!甲の部分と足首周りのベルトが一体型のデザインです。

by カエレバ

8.Timberland(ティンバーランド)[ ロズリンデール]

通気性と耐久性の高いシンセティック・ストレッチファブリックのアッパーを使用。どんな路面においても滑らかな履き心地を提供するセンサーフレックス搭載。

by カエレバ

9. PUMA(プーマ)[ WILD SANDAL PLUS]

アウトドアでの使用にフォーカスしたニュースタイル。オールラバー素材のアウトソールによりグリップ力の向上を計り、丈夫な調整可能なストラップがフィット感を更に良くし、EVA素材のフットベッドが快適な履き心地を提供する。

by カエレバ

10.adidas(アディダス)[ Adilette]

あの伝説的な adilette サンダルがアウトドアシューズにインスピレーションを受けてリメイク。 adilette Sandal」は、ネオプレンの作りにベルクロのストラップになっています。
また超軽量で快適なこの一足は、ヒールストラップにトレフォイルを配しています。

by カエレバ